お知らせ

9.19「安倍改憲」阻止のための富山県民集会へ結集を!

カテゴリー:

 安倍首相は、5月3日に2020年改憲施行を一方的に表明し、秋までには改憲案をまとめるよう自民党に指示しました。「9条1項・2項をそのままに、自衛隊の存在を書き込むだけ」との案は、国防軍を置こうとする自民党改憲案では国民の理解が得られないと考えたためです。「自衛隊の存在を書き込む」ことは、「戦力の不保持」「交戦権の否認」を明記した第2項を死文化させてしまいます。現在、自民党が自衛隊を「自衛のための必要最小限度の実力」と限定せざるを得ないのは、今の9条があるからです。

 安倍首相は、自衛隊を災害救助と日本人の命を守るために命懸けの任務を果たしていることを自衛隊明記の理由としています。しかし、実際には自衛隊はアメリカと戦争するための世界有数の戦力であり、そのための訓練も積んでいることにはあえて言及していません。3項への自衛隊明記の根拠としての災害救助と専守防衛が安保法制とは決定的に矛盾していることを隠しています。

 高教組は「教え子を再び戦場に送るな」の立場から、高教組や県教組も結集する「戦争する国づくり」反対共同行動実行委員会は、下記に示す集会を開催します。ぜひ、職場から多くの方の参加をお願いします。

1.日時 

  9月19日(火)18:30~

2.場所

  富山駅前CiC前広場

3.参加

  分会1名以上

4.参加報告

  パンとお茶を用意しますので、予め報告いただければ助かります。

  *当日報告なしでの参加も大丈夫です。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2014 - 2017 富山県高等学校教職員組合 All Right Reserved.