お知らせ

教育のつどい2022in高知(全国教研)に現地参加しました!

カテゴリー:

教育のつどい2022in高知が、8月18日~21日に現地・オンラインで開催され、富山から現地に10名が参加しました。昨年・一昨年度は完全オンラインだったので、久々の現地開催となりました。

 初日の全体集会(初日1,600人アクセス)はYouTubeの限定配信で行われ。TBSサンデーモーニングでもおなじみの法政大学名誉教授田中優子さんが「多様性を包み込む社会へ」のテーマで講演されました。「多様性の包摂」は差別をなくし、社会を安定させるために重要であるとの観点から、法政大学の「ダイバーシティ宣言」のとりくみ、ジェンダー平等、憲法など、これからの日本のあるべき姿に対して示唆に富むお話がありました。 

 2日目は、「どの子にも豊かな『子ども時代』を」「GIGAスクール構想・教育DXをジャックせよ!」「子どもの『多様性』を尊重するとは~『みんなちがってみんないい』を考える」「平和な未来を子どもたちとともに」「開かれた学校づくり~語って作ろう学校を」の5つのテーマでフォーラムが行われました。どのフォーラムでも子どもたちの声に耳を傾け、子どもたちが主体となることの大切さ等が共有できました。

   3、4日目は、30の分科会が実施され、全国の実践報告を受けて参加者の活発な意見交換・議論が行われました。富山県からは3名のレポーターと3名の司会者が参加しています。2名の一般参加者も含め、全国の方々と交流するなかで大きな学びがありました。 

    具体的な内容や感想など詳細は、今後、『富高教情報』でお知らせします。

 ★尚、初日の講演会を含む「全体会」は、見逃し配信をしています!  

  YouTubeのリンクはこちら →  全体会「見逃し配信」URL  

▲ このページの先頭にもどる

© 2014 - 2022 富山県高等学校教職員組合