書記長日記

書記長ともあろう者が・・・

 少し反省しています。ここ2回ほど「書記長日記」に私的なことを書いたことを…。書記長ともあろう者が、こんなことでいいのか?と自省しました。と、いうことで少し真面目なことを書きたいと思います。

 「北朝鮮のミサイル・核実験問題」、「憲法改正問題」、「民進党の代表選・山尾氏の離党・維新との連携問題」等々…社会のこと。もっと身近な「教員免許更新にかかる失職・採用取り消し問題」、「高校再編問題」、「賃金確定交渉に向けたとりくみ」等々…、書かなければいけないことは山のようにあるわけですが、いざ書こうと思うとなかなかパソコンを打つ指が動きません。

 仕方がないので、今日は「憲法改正問題」をめぐる出来事を書きます。全教から「憲法9条改悪を許さない当面のたたかいについて」要請がきました。中央では「戦争法」の際にできた「総がかり行動」のさらに枠を広げた「安倍9条 改憲NO!全国市民アクション」という団体が9月8日に発足しました。その団体が全国統一署名をつくりました。目指すのは3,000万署名です。国民投票となった場合に、有権者の半分というのが3,000万だから…というのが理由です。富山高教組が加盟する全教も当然この署名の推進に力を入れています。全教が「この統一署名、富山高教組で何枚必要か報告せよ」というので、委員長と相談し、副委員長、書記次長にも了解をとって全教にFAX報告しました。その数、何と30,000枚!!富山高教組だけで15万筆を集めることになります。もちろん目標ですが…。さすがに全教から「数字の間違いではないか」との問い合わせの電話がきました。私「間違いではありません。自分も数字の大きさ、これからのとりくみの重圧を考えると、思わずFAXするボタンを押す時に指が震えました」と答えました。ここ2回ほど執行委員会でも「憲法改正」、特に「自衛隊を憲法9条に明記すること」について議論しています。そのような議論の過程で、自分自身も「これはやらなきゃ危険だなぁ」との思いを強くしています。まだまだその危険性について、納得できるような説明は試行錯誤しています。どこまでできるか分かりませんが、頑張ってみます。

 一昨日「ホンマでっかTV」を見ていたら、女性が結婚できるかどうかは、容姿がどうのこうのというのは関係なく「運」だと言っていました。「運」…、重い言葉です。自分が高教組の専従になり、今年から書記長になったタイミングも「運」。安倍首相が本気になって「憲法改正」に動き出したこと、「よりによって自分が書記長の時でなくてもいいじゃないか」と内心思わないこともないのですが、これも「運」だと思って取り組みます。もちろん、できる範囲でですが…。

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2014 - 2017 富山県高等学校教職員組合 All Right Reserved.