書記長日記

第4回評議員会に向けて…

1か月以上更新ができませんでした。前回の更新(1月11日)後、ばい菌が喉の方まで侵食し、14日に緊急入院(病名は「急性咽頭口頭炎」)。抗生物質の点滴を午前中、午後、夜と1日3回。11日間入院しました。結局、2週間ほど休んでしまいました。職場の人には迷惑をかけました。今は、元気になりました。子どもがまだ小さいので、子どもが大学まで進学すると仮定したら、70歳まで働かなければなりません。先は長い…。健康第一で、生活習慣を見直しているところです。とりあえず、間食はやめました。できるだけ21:00までに夕飯は済ませるようにしています。体重は、6~7㎏減りました。知り合いから「病気ですか?」と逆に心配されました(笑)。一応、健康的に痩せているつもりです。

この1か月、いろいろとありました。春闘学習交流集会、全教の定期大会、評議員会に向けての職場オルグ。全教の定期大会では、富山高教組を代表して「賃金・働き方」等について発言しました。最後に付け加えた「みなさん、健康第一で仕事をしましょう!」が、全教壇原書記長の討論の総括で触れられました。働き続けられる職場環境にしていくためにも組合の果たす役割は大きいはずです。巷ではネット労組も誕生しているようですが、ネット労組では手の届かいない役割を果たしていくことが必要なのでしょうね。

今日は、娘とお留守番です。NHKの「おかあさんといっしょ」(ため撮りしたもの)を見ながら過ごしています。個人的には、番組の最後に流れる「ベルが鳴る」という曲が好きです。特に歌のお兄さんが「今日はこれでおしまーい」と歌の途中で呼び掛ける部分が好きなんです。お終いだから寂しくなるのですが、歌のお兄さんが明るく呼びかけるので、「バイバイ」が寂しいことではないんだな…と思わせてくれます。歌のお兄さんの名前はゆういちろうお兄さんなのですが、とても優しそうで、あんなお兄さんになりたいなぁと、もうすぐ50歳になろうかという中年のおじさんが思う訳です(笑)。小さいころ、ピンポンパンという番組があって、その中に出てきた「お兄さん」になりたいと思っていました。だから、初任校は特別支援の学校でしたが、授業によっては「歌のお兄さん」的な役割があったので、それはそれで楽しくやっていました。

さて、自分の書記長としての役割もあと1か月と少しとなりました。4月からは現場に戻ります。あと何回更新できるか分かりませんが、もうしばらくお付き合いください。

 

▲ このページの先頭にもどる

© 2014 - 2020 富山県高等学校教職員組合